むじょうについて

Vision

 
人間は自然のコントロールを追求してきた。
植物や動物をコントロールして食べている。空間をコントロールして暮らしている。

その営みの中で「こうすれば、こうなる」という式が完成した。
「しょうがない」が通用しなくなった。いつしか、自然をコントロールできると錯覚した。

しかし、内なる自然である生老病死はコントロールできず、抗えない。

万物に終わりがくるとした時、「無常観」というメンタリティが人々を救うことになる。

むじょうとは、常ではない、という意味だけ。
どんな物事も永遠ではない、ということ。

物事を永遠ではなくただ移りゆくものとして観る。
ただただ観る。それが無常観。

この感覚が、万物の軟着陸につながる。

mission

Image by Faye Cornish

感情を見渡す足場をつくる
死と対峙した時、地に足をつけて感情をみると
悲しみや無力感が視界を占める。
一段上から感情をみつめ、生の尊さや
未来に視線が届くように、足場をつくる。

White Flower Petals

死との接点をつくる
人生に締め切りがある事さえ、私達は忘れてしまう。
死との対峙を通して、生を実感し、生き切ろうとする。
生と死の境界線を溶かしていく。

 
Image by Gabriel Garcia Marengo

間をつくる
二項対立が争いを生む。優、劣。善、悪。
効率化の果てに、分断がある、間が消える。
間となる選択肢をそこに置く。

 

代表挨拶

人生には締め切りがあることを忘れてはいませんか?


その生命、生き切ろうとしていますか?

死は1つの変化であり自然です。
わたしたちはプロダクトを通じて、
「終わりを見据え、今をよりよく生きる機会」を提供します。

死という変化にやさしい眼差しを向けられる風土をつくります。

人生には締め切りがあることを忘れてはいませんか?


その生命、生き切ろうとしていますか?



死は1つの変化であり自然です。


わたしたちはプロダクトを通じて、
「終わりを見据え、今をよりよく生きる機会」を提供します。

死という変化にやさしい眼差しを向けられる風土をつくります。

前田陽汰プロフィール

2000年生まれ。島根県立隠岐島前高校卒。19年慶應SFC入学。


清水唯一朗オーラルヒストリー研究会所属。
NPO法人ムラツムギを創設。「まちの終活」を提唱。


その後、株式会社むじょうを立ち上げ、「右肩上がりを問い直す」

をテーマに事業を展開している。

会社概要

  会社名             株式会社むじょう
  電話番号          050-3138-3737
  メール             info@sososhiki.jp
  所在地             東京都目黒区
  設立                2020年5月
  資本金             810万円(資本準備金含む)